地主の承諾を得る

これから借地権を売却したいならば地主の承諾を得なければいけません。もし地主からの承諾なく借地権を譲渡してしまうと、地主はその借地契約をすぐに解除することが可能です。地主に許可を得ないで譲渡するというのは、地主との信頼関係を残ってしまうものだからです。ただし、借地権というのは、その上に建物があり、それを借地人が所有しているという形態となっているため、借地借家法によって保護された強い権利となっています。そのため、実際には地主の承諾を得なくても裁判所が許可を与えて譲渡することは認められています。

地主の承諾したがって、地主の承諾を得なくても裁判手続きを経ることによって借地権を譲渡することは可能なのです。ただし、裁判所も無条件にそれを認めてくれるわけではありません。まず、譲渡する相手が借地人としてきちんと地代を支払う能力があることが大切です。また、誠実な者でなければいけません。また、借地契約については適切な内容になるように裁判所が定めることができます。また、借地人が支払うべき承諾料も決定します。

このように地主の承諾を得なくても譲渡する方法はあるのですが、面倒な手続きが必要となります。必ず地主に承諾を得ておくべきでしょう。その方が余計なトラブルを避けられます。

About the author

2018年11月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930