日別: 2018年5月15日

借地権の購入の注意点

これから借地権を購入する際の注意点を紹介しましょう。借地権については、借地権付きの物件を購入するケースが多いです。すでに建っている建物が借地権の土地に建てられているならば、その建物を購入する際には借地権も同時に購入することになるからです。このときに、借地権には2種類あることに注意しましょう。それは借地法が法改正する前と後の借地権です。旧借地法による借地権の場合は正当な理由がない限りは借地権はずっと更新されるというものです。一方、法改正後の借地権では存続期間は30年となります。また、定期借地権というものも新法によって制定されており、こちらは更新ができません。したがって、旧借地権の方が有利なのです。

借地権借地権というのは地価の高いエリアにおいて特に効果が大きくなります。所有権と比較すると物件価格が60%から80%となるからです。そのため、都心部に家を建てたいならば、借地権の方がコストを大幅に抑えることができるのです。住宅ローンの返済額も抑えられるでしょう。借地権の購入にはこのようなメリットがあるのです。

ただし、住宅ローンを利用する際には所有権の場合とは借地権のときには条件が異なることがあるため気をつけましょう。残存期間にも注意してください。借地権を購入する場合、更新までの期間はそのまま引き継がれるからです。

2018年5月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031