借地権の売買

土地に建物を建てるための権利のことを借地権といいます。もちろん、土地を自分で所有してそこに建物を建てるという方法もあるのですが、これにはさまざまなリスクがあります。土地を購入するのはかなりのお金がかかってしまうからです。また、土地は所有しているだけで税金がかかってしまうでしょう。その点、借地権であれば固定資産税は発生せず、地代を支払い続けることによって、半永久的にその土地を利用することができます。必要なくなれば第三者に借地権を売却することもできるのです。このように土地を入手するための方法として、借地権というのはとても便利なものとなっています。

借地権そんな借地権なのですが、売買をする際にはいろいろなトラブルが発生する可能性があります。借地権の売買では3つの立場の人が関わることになります。まず、現在借地権を有している人と新しく借地権を得たい人、さらにその土地の本来の所有者である地主です。この3つの関係が存在するため、話がややこしくなるケースが多いのです。

このように難しい借地権売買について、スムーズに売買を進めるためのポイントをまとめました。何のトラブルも発生せずに満足できる売買契約ができるようにアドバイスをしましょう。これから借地権売買をする際に知っておくべきことをまとめました。ぜひともこちらを参考にして、借地権の売買をしてください。スムーズに取引を進めることができれば、誰もが満足できる結果となるでしょう。

About the author

2018年12月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31